×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

自動車オイルに関連する情報を紹介
自動車のオイルに関連するアイテムや商品などについての通販サイト

【格安でお買い得!】自動車のオイルの通販サイト
超お得でお買い得な自動車オイルを多数そろえている通販サイトです。

自動車のバッテリーなどについての通販サイト
自動車のバッテリーを色々と取り揃えている通販サイトになります。

自動車のメンテに関連する書籍一覧
自動車に関連する書籍などについての通信販売しているサイトです。

スポンサードリンク

自動車のバッテリーなどについての通販サイト
自動車のバッテリーを色々と取り揃えている通販サイトになります。

自動車のメンテに関連する書籍一覧
自動車に関連する書籍などについての通信販売しているサイトです。

自動車オイルに関連する情報を紹介
自動車のオイルに関連するアイテムや商品などについての通販サイト

【格安でお買い得!】自動車のオイルの通販サイト
超お得でお買い得な自動車オイルを多数そろえている通販サイトです。

車のオイルの種類

車のオイルの種類には、「エンジンオイル」、「MTオイル」、「ATオイル」、「デフオイル」、「ブレーキフオイル」、「パワーステアリング」の5つ程度の車のオイルの種類が存在します。これらの種類の車のオイルは、車の各部分の磨耗をしないようにするために使われたりしているので、これらの種類のオイルが車にとって大切なものになります。
車のオイルの種類の「エンジンオイル」は、車のエンジン内の潤滑油として働き、また、エンジンの洗浄効果もあります、特に車のオイルの種類の中でもエンジンオイルは、劣化してしまうと車の性能が落ちたり、場合によってはエンジンが壊れるきっかけとなる事があるので、車のオイルの種類でも特に定期的に交換が必要になります。
MTオイルは、MT車のトランスミッションに利用されるオイルで、ATオイルは、オートマの車に利用される車のオイルの種類になります。
デフオイルは、デファレンシャルギアというタイヤを駆動させる部分の潤滑油として使われる車のオイルの種類になります。
ブレーキオイルは、油圧式のブレーキに使われ、パワーステアリングオイルは、バワステの車に使われる車のオイルの種類になります。
このような色々な種類の車のオイルの種類がありますが、これらのオイルは、車を酷使して使った場合には、やはり汚れるので、定期的に点検、チェックを行い、オイル交換を行う必要があります。これらの種類の車のオイルを定期的にチェック、点検して交換しておくことが長く車を乗り続けることが出来る秘訣のひとつではないかと思います。

自動車オイルに関連する情報を紹介
自動車のオイルに関連するアイテムや商品などについての通販サイト
【格安でお買い得!】自動車のオイルの通販サイト
超お得でお買い得な自動車オイルを多数そろえている通販サイトです。
自動車のバッテリーなどについての通販サイト
自動車のバッテリーを色々と取り揃えている通販サイトになります。
自動車のメンテに関連する書籍一覧

車のエンジンオイルの種類

車にとってエンジンオイルは大切なオイルですが、この車のエンジンオイルにも色々な種類のエンジンオイルが存在します。オートバックスやイエローハットなどのカーショップに行き、エンジンオイルのコーナーを見ると、色々なエンジンオイルが存在しますが、ここでは、基本的な車のエンジンオイルの種類を紹介しておきたいと思います。
車のエンジンオイルの種類は色々とありますが、エンジンオイルの基本的な成分は、ベースオイル、添加剤になり、このベースオイルについては、化学合成油、部分合成油、鉱物油の3つの種類に分類できます。化学合成油は、原油を精製したときの軽質ガソリンを化学合成して出来たベースオイルの種類になるので、車にとって安定した性能が期待できるが値段が高くなるエンジンオイルです。
部分合成油は、化学合成油と鉱物油を混ぜて作られたベースオイルの種類になり、車にある程度の高性能をもたらすことができ、さらに価格的にも化学合成油だけよりも安くなっています。
鉱物油は、原油から精製されたベースオイルで、価格が一番安いので、一番普及しているベースオイルです。
このように、車のエンジンオイルの種類には、化学合成油、部分合成油、鉱物油の3つの種類があり、化学合成油、部分合成油、鉱物油の順で、性能が良くなりますが、価格も性能が良いにつれて高くなります。

車のバッテリーの種類

車のバッテリーの種類をここでは見て行きたいともいます。まずは、車のバッテリーの種類について見ていきたいと思いますが、車のバッテリーの種類は、「開栓型バッテリー」、「密閉式バッテリー(シールドタイプ)」、「ドライバッテリー」の3つになります。
車のバッテリーの種類の1つ目は、開栓型バッテリーですが、開栓型バッテリーは、バッテリーのフタを空けることができて、フタを空けてバッテリー液を補充することができる一般的な車のバッテリーの種類になります。車のバッテリーの種類の2つ目は、密閉式バッテリーで、シールドタイプとも言われる車のバッテリーで、バッテリー内の電解液が減りにくい仕組みになっているので、電解液を補充する必要がないので、メンテナンスがいらないのが特徴で、メンテナンスフリーバッテリーとも言われています。
車のバッテリーの種類の3つ目は、ドライバッテリーは、ガス抜き用の穴があいていますが、基本的には、乾電池のように手軽に使える車のバッテリーになります。ドライバッテリーは高いバッテリーなので、一般的には使う人が少ないですが、バッテリーとしての性能もよく、バッテリーが上がった場合でもドライバッテリー用の専用の充電器があれば充電できるのがメリットです。

Copyright © 2008 車のオイル・エンジンオイル・バッテリーの種類の情報紹介.info